人には言えな水虫の治療法

山村留学、鹿児島県三島村

この制度は「しおかぜ留学」と呼ばれていて、鹿児島の三島村にある小学校4年生から6年生及び、中学1年から3年生までを対象にしているものです。
三島村の手つかずの豊かな自然の中で、のびのびと遊んだり勉強したいと希望する児童を募集しています。
生徒の受け入れの有無は、三島村しおかぜ留学制度実施委員会が面接をして決めます。
期間は1年間で、継続を希望すれば認められるようです。
滞在先は、三島村の校区内に住む里親を募集して、留学生を受け入れてもらっています。
留学生は、三島村に住民登録をして寝具や衣服、健康保険証は持参します。
委託料(食費込み)は、ひと月90,000円でそのうち実親が25,000円プラス給食費3,200円~3,500円は負担するとなっています。
後は、村や県の補助金で賄うようです。
三島村というところは、薩摩半島南端にあり竹島、硫黄島、黒島の3島と数個の無人島や岩礁から成り立っています。
ナニコレ珍百景でも、田舎暮らしが大好きな男の子が取り上げられていましたが、そういう子どもたちの笑い声が聞こえてきそうですね。

Posted in その他 by jimmy on 4月 26th, 2019 at 11:25 AM.

Add a comment

Comments are closed.